アンドロメダからの贈り物
Androidと間違えないでね!

横断歩道は聖地である

Standard

交通事故はいろいろなところで起こるものですが、車やオートバイなどに乗っている方が絶対に知っておいてほしいことが「横断歩道は聖域」であるという事です。
どういうことかというと、これは過去に警察官から聞いた話なのですが、交差点や横断歩道がある道路で事故が起こった場合、相手が歩行者や自転車に乗る方でぶつかった場所が横断歩道の上だとしたら、どんな理由があっても100%、車側が悪くなるということらしいのです。
それがたとえ歩行者の信号無視であっても、意図的に横断歩道の上で立ち止まったとしても歩行者側には一切の過失はなく、全ての責任は車側にあるという事になるのです。
そもそも「車対歩行者」では相手が悪くても車側のほうが分が悪いものなのですが、それにさらにわをかけて分が悪くなってしまうのです。
さすがの敏腕事故担当員もこの「聖域」内での事故では何もすることができず、事故検分後に全ての補償を自分側で行う手続きをとり始めるそうです。
事故というものは偶発的に起こることが多く、自分で事故を起こす場所を選べるわけではありませんが、横断歩道のペイントがされているところでは事故を起こさないように細心の注意を心がけ、横断歩道上に被害者が横たわったり、スリップ痕が残ったりするような事故は絶対に起こさないようにしましょう。
ちなみにこういったことを知っている「あたり屋」にも十分な注意が必要です。

1月 22, 2014 自動車 kanemitsu
Font Size
Decrease Size Default Size Increase Size
Select Skin
Select Underlay Background
Select Overlay Background
Scheme Switcher Toggle