アンドロメダからの贈り物
Androidと間違えないでね!

スーパーカーブームの主役はイタリア車

Standard

これを言うと年齢がわかってしまいますが、小学生のころ、日本はまさにスーパーカーブームに沸いていました。
時代は1970年代中盤、漫画「サーキットの狼」を事の発端とするこのブームは、それまであまり脚光を浴びなかった外国産車に目が向けられ、大注目されました。
中でも欧州車は大人気で、フェラーリやランボルギーニ、ランチアなどのイタリア車の名前を広く知らしめることとなりました。
人気が高かったのはやはりフェラーリとランボルギーニで、流れるようなボディラインを持ち、そのボディの中にレーシングマシン並のエンジンを収めたフェラーリ512ベルリネッタボクサーとそれと相反するような角ばったロボット的なデザインを持ち、縦に開くスイングアップドアが特徴的なランボルギーニ・カウンタックは、今でも根強い人気を保っています。
どちらの車にしても日本人に非常に衝撃的だったのが、リトラクタブルヘッドライトの存在、昼間は格納され、夜間などヘッドライドが必要な時だけせり出す構造となっているリトラクタブルヘッドライトは、まさにスーパーカーの象徴となっていました。
それ以外にもランチアストラトスやマセラティ・ボーラ、デ・トマソ・パンテーラ、ランボルギーニ・ミウラ、ランボルギーニ・イオタなどスーパーカーブームの主役となる車のほとんどはイタリアの車でした。
当時はイタリアの車を「イタリアンカー」などと称していたのですが、まさにイタリアンカーはこの時代の日本にとって非常に重要な車であったことには違いはありません。

12月 7, 2014 趣味 kanemitsu
Font Size
Decrease Size Default Size Increase Size
Select Skin
Select Underlay Background
Select Overlay Background
Scheme Switcher Toggle